CONCEPT 

バラのまちTOYOKAWA~幸せの花手紙~
参加される方へ 主催者の想い

〜新型コロナウイルスで苦しむ花業界〜

新型コロナウイルスの影響が本格化した3月から母の日のある5月まではお花屋さんにとって非常に大事な時期でした。店舗によってはその3か月間で、年間売上の40%を受注するそうです。 そんな大事な時期の売上減少は、例えコロナが収束しても取り返せない可能性が高いです。 【新型コロナウイルスで苦しむ花業界】 新型コロナウイルスの影響が本格化した3月から母の日のある5月まではお花屋さんにとって非常に大事な時期でした。店舗によってはその3か月間で、年間売上の40%を受注するそうです。 そんな大事な時期の売上減少は、例えコロナが収束しても取り返せない可能性が高いです。
Responsive image

〜豊川市はバラの生産量日本一のまち〜
年間1,600万本のバラを出荷する豊川市は、日本一のバラの生産地として有名です。
苦しい花業界に対して、バラの生産量日本一である豊川市民として何かできないか。
そして、それは豊川市民として実行する使命があると考えました。

= 何をするの =

FLOWER SHOP 

花を買おう

市内のお花屋さんを集めた検索サイトを作りました。
お花を購入する際、どこにショップがあるか探したり、
ショップの雰囲気を感じ見て下さい。
Responsive image
HAPPY FLOWER LETTER 

「幸せの花手紙」運動

「この花を受け取った人は幸せになります。
貴方も他の大切な誰かに花を贈りましょう。」と書いたbrメッセージカードと共に、花束やバラ風呂セットを大切な人、
感謝している人に贈る運動を推奨します。
メッセージカード裏面にはお店検索の応援サイトQRコードを添付します。
Responsive image

皆さん一緒に、花業界の方々、そしてあなたの大切な人に
「エール」と「幸せ」を贈りあいませんか。